遊助 海の家 歌詞

遊助の「海の家」歌詞ページ。
「海の家」は、作詞:遊助、作曲:遊助です。

「海の家」歌詞

歌:遊助

作詞:遊助

作曲:遊助

いつもの浜辺 季節かまわず俺ビーサン置いて
ポツンとある海の家 わらぶき屋根海風に優しく笑う
ぶら下がるハンモック 両足交差してゆりかごのように
ゆっくり流れるミュージック リズムに心地よくあくび

おいで おいで いつでもここにいるから
嫌な事忘れて 泣いてないで
言葉なんて いらね
何もかも忘れて 一緒に眠ろうぜ

革靴 ハイヒール 運動靴脱ぎな ここはだしさ
まず砂の温度感じな 気持ち良いなら ほら空見な
素敵な声で鳴けるカナリヤ

やんなきゃいけねー時もある  考えたくねー事もある
波のように大小強弱まちまち ちょうどいいなんてその時々
日々風とともに変わるそれ 自分のちょうどいいを求めて靴はいて
ここから歩いてくんだ だから今日くらい ゆっくりしてきな

あの子が帰った後 今度はスーツ着て疲れたおっちゃんが
「本当もうやんなっちゃうよ」って 俺の店来ていきなりため息
その上にあるハンモックで 口笛吹いてる俺を見てさ
「お前はのん気でいい」ってさ まあいいさ とりあえずネクタイ外しな

おいで おいで いつでもここにいるから
強がらないで 下向いてないで
弱さを知るから強くなり方知るんだぜ 楽だぜ

スーツ Yシャツ くつ下ぬぎな 誰もいないさ
まずはこの風感じな 気持ち良いなら ほら空見な
素敵な声で鳴けるカナリヤ

やんなきゃいけねー時もある  考えたくねー事もある
波のように大小強弱まちまち ちょうどいいなんてその時々
日々風とともに変わるそれ 自分のちょうどいいを求めて靴はいて
ここから歩いてくんだ だから今日くらい ゆっくりしてきな

なんとかなる なんとかする なんとかしてきたから今がある

やんなきゃいけねー時もある  考えたくねー事もある
波のように大小強弱まちまち ちょうどいいなんてその時々
日々風とともに変わるそれ 自分のちょうどいいを求めて靴はいて
ここから歩いてくんだ だから今日くらい ゆっくりしてきな

悩んでるならもうやめな そんなの続くよ Forever
だからこんなんでいいならこの俺が いつでもさするよその背中


文字サイズ:
   
歌詞の位置:
 

人気の新着歌詞

好きだ虫

NMB48

Hey!Woh oh oh oh oh oh oh...

Only one, Only you

GLAY

くだらない夢想に巻き込まれて 歴史の闇が顔を出す無...

ビタミンSUMMER!

Liella!

アクロバットにぶっ飛んで 青い海こえてハイファイヴ...

夏の君にテヘヘのへ

chuLa

真夏の日差しを浴びながら走り抜けた海岸通り流れ...

Congrats!!

内田雄馬

集まった煌く光今輝けCongrats!!C...

UP to ME

BiSH

走り続けて疲れたどこだ終着はわからない...

二雙の舟

渡辺真知子

時は全てを連れてゆくものらしいなのにどうして寂しさ...

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法 利用規約 J-Lyric.net について

Copyright (c) 2006-2022 J-Lyric.net