遊助 碧の空 歌詞

遊助の「碧の空」歌詞ページ。
「碧の空」は、作詞:遊助、作曲:N.O.B.B/遊助です。

「碧の空」歌詞

歌:遊助

作詞:遊助

作曲:N.O.B.B/遊助

太陽が薄暗い 扉をほら 今開けるよ
海に長く伸びてる 光ここまで

いつか 砂の上に書いた 無口な夢
胸にそっと 打ち寄せる 忘れぬように

朝日が 僕なら
濡れた文字さえ 乾かそう
寄せては返す波のように
また来るよ 碧の空

星達が山に帰る 君の上を 楽しそうに
森に長く伸びてる 光もやがて

いつか 砂に寝転んで 流れた星
頬にそっと こぼれた 涙のようさ

三日月 僕なら
流れた夢 照らそう
波音に眠る鳥のように
また来るよ 星の空

失くしたならその分 語って
泣いてきたならその分 習って
だって笑ってきたから
愛もらって 立て!
勘ぐるよりは 信じていたい
淋しいからって 負けちゃいけない
長い歴史のゴールライン
もう無駄にしたくはない
あなたにとっての 翼になりたい

夜空が 僕なら
君は太陽か月さ
優しい光の道しるべ
くれるから

右手はサヨナラ
左手はありがとう
この両手で舞い上がる
どこまでも 永遠(とわ)の空

文字サイズ:
   
歌詞の位置:
 

人気の新着歌詞

好きだ虫

NMB48

Hey!Woh oh oh oh oh oh oh...

Only one, Only you

GLAY

くだらない夢想に巻き込まれて 歴史の闇が顔を出す無...

ビタミンSUMMER!

Liella!

アクロバットにぶっ飛んで 青い海こえてハイファイヴ...

夏の君にテヘヘのへ

chuLa

真夏の日差しを浴びながら走り抜けた海岸通り流れ...

Congrats!!

内田雄馬

集まった煌く光今輝けCongrats!!C...

UP to ME

BiSH

走り続けて疲れたどこだ終着はわからない...

二雙の舟

渡辺真知子

時は全てを連れてゆくものらしいなのにどうして寂しさ...

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法 利用規約 J-Lyric.net について

Copyright (c) 2006-2022 J-Lyric.net