秀吉 淡い夜 歌詞

秀吉の「淡い夜」歌詞ページ。
「淡い夜」は、作詞:柿澤秀吉、作曲:柿澤秀吉です。

「淡い夜」歌詞

歌:秀吉

作詞:柿澤秀吉

作曲:柿澤秀吉

誰もいない夜 静かな風を見てた
まるで世界中でひとりきり そんな気持ちになって

淋しくなんかないよいつでも 君がいなくても
いつからだっただろうか こんなに嘘がうまくなった

ずっと素直になれなくて 自分だけの声も見失って
声にならない声を叫んだよ この気持ちのずっとずっと奥のほうで

言葉に出来ない想いがあるから 僕はこうして歌っているんだよ
いつしか届くと信じてるから この淋しさの果てに

大切なものほど隠して 忘れようとするんだ
その理由を見つけてしまうのが今も怖いけど

ずっと答えにこだわって いつも少しだけ逃げていた
膝を抱えうずくまったまま そんな事を思う部屋の片隅で

言葉を超えて繋がる感情 少しずつ少しずつ伝えていくんだよ
うつむく心もこの唄に乗せ この気持ちを支えて

転んで出来た傷も 疲れて弱った心も
痛くて立ち止まったあの時も
足下は今も震えるけど
一歩ずつ歩いてゆくから

これから先に道が見えなくて
形や答えを失くしたとしても

言葉に出来ない想いをこれからも 僕はこうして歌っていくんだよ
いつしか届くと信じてるから この淋しさを超えて
この道のない先を

文字サイズ:
   
歌詞の位置:
 

秀吉の人気歌詞

淡い夜の収録CD,楽譜,DVD

人気の新着歌詞

黄色

back number

今は硝子の蓋を閉めてこの気持ちが私の胸を衝いて...

根も葉もRumor

AKB48

Hey! Whazzup?Nothing! Not...

食べた愛

aiko

あながち間違ってないよ むしろそれで合ってるよだけ...

光の魔人

ザ・クロマニヨンズ

赤煉瓦の煙突を 蹴飛ばして行くんだもっと高く もっ...

生きることは尊いに決まってんだろ

風男塾

GET TOUGH! やいのやいの言うてもGET ...

こむぎ

遊助

鼻から空吸って ゆっくりと吐くんだこんな毎日が実る...

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法 利用規約 J-Lyric.net について

Copyright (c) 2006-2021 J-Lyric.net