indigo la End 花傘 歌詞

indigo la Endの「花傘」歌詞ページ。
「花傘」は、作詞:川谷絵音、作曲:川谷絵音です。

「花傘」歌詞

歌:indigo la End

作詞:川谷絵音

作曲:川谷絵音

曇りガラスで隔てられてた
もっと見たくて
恋しちゃったんだ

ツバメ飛ばした
君の裸に
見合うような
僕になれるかな

魅惑を払いきれない
がらんどうだった身体が
染まりきった
先が怖いけど

花のようなベイビーガール
いつも見てる先はそっぽ
気付かないふりする度に心がちと濡れる
さよならの雨がパラパラと降る予報です
小雨のうちだったら
心拭くのもまだ簡単なのに
できない

恋の宵立ちさせない傘が
邪魔だなんて
まだ思えないんだ

夜一夜(よひとよ) 止まなくて
それでも想いながら
低く飛んだツバメを見てた

不機嫌なベイビーガール
いつも見てる先はそっぽ
気付かないふりする度に心がちと濡れる
さよならの雨がパラパラと降る予報です
小雨のうちだったら
心拭くのもまだ簡単なのに
できない

幕電に期待しちゃう
君はまだ僕の花傘
お墓参り
行けなくてごめん

殺伐な雨が君を許さなかった日から
恋したんだよ
勝手に君を差したりしてさ
いなくなったベイビーガール
優しく鳴る音で今日も
花のような裸を考えて
切なくなったりするんだよ

文字サイズ:
   
歌詞の位置:
 

人気の新着歌詞

キミトミタイセカイ

関ジャニ∞

ねぇ、まだ あの日のままねぇ、今も、運命と願いたい...

雨のち晴れ

GENERATIONS from EXILE TRIBE

完璧なものなど この世界にはもうないけど君が君らし...

くそ現代っ子ごみかす20代

ヤバイTシャツ屋さん

やらんといけんこと全部先延ばすマン世代のせいにした...

Say Your Name

円神

想いは吐息に消え 君まで届かないよ陽のあたるその席...

セカイノハテ

斉藤朱夏

できないふりで やらないことでツギハギ 隠した弱い...

ファーストラヴ

Uru

絡まって 解けない糸みたいに時が経っていくほど...

Hello, Goodbye

東京女子流

どうやって、伝えたらいいのだろう朝が来るたび、強く...

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法 利用規約 J-Lyric.net について

Copyright (c) 2006-2021 J-Lyric.net