King & Prince シンデレラガール 歌詞

King & Princeの「シンデレラガール」歌詞ページ。
「シンデレラガール」は、作詞:河田総一郎、作曲:河田総一郎/佐々木望です。

「シンデレラガール」歌詞

歌:King & Prince

作詞:河田総一郎

作曲:河田総一郎/佐々木望

キミは シンデレラガール
My precious one
You're the only flowering heroine
どんなときも ずっとそばで
まぶしい その笑顔見せて
やがて シンデレラガール
魔法が解ける日が来たって
いつになっても 幾つになっても
ボクはキミを守り続ける

I wanna be your sunshine (sunshine)
Because your smile has the magic
I wanna always be your sunshine (sunshine)
Always makes me happy!!

PM11時間近の にぎわう街並みに
まだサヨナラ言うには 全然早すぎるのに

わりと門限きびしいって
そんなのちゃんと分かってるって
だけどやっぱ いざとなると帰したくない
次に会える約束も
そこそこに駆け出す人
長い階段駆け上がって 人波に消える

キミはシンデレラガール
My precious one
You're the only flowering heroine
いつになっても いつになっても
となりでその笑顔見せて
やがて シンデレラガール
魔法が解ける日が来たって
いつになっても 幾つになっても
ボクはキミを守り続ける

I wanna be your sunshine (sunshine)
Because your smile has the magic
I wanna always be your sunshine (sunshine)
Always makes me happy!!

キミが思うより ボクはキミを想ってる
キミはボクが思うよりも ねぇ ボクを想うのかな?

だれもがみんな嘆いてる
"恋の魔法には期限がある"
"時がたてば 宝石もガラス玉さ"
もしもそんな日が来たって
キミは朝の光にかざして
それを 耳元に飾るだろう
ボクはまたキミに恋するんだろう

AM0時の鐘を聴く頃に キミはどんな夢みてる?
もしもボクに魔法がつかえたなら
夜空越えて 会いに行けるのに・・・

キミは シンデレラガール
My precious one
You're the only flowering heroine
どんなときも ずっとそばで
ボクの心 灯しつづけて

キミはシンデレラガール
My precious one
You're the only flowering heroine
いつになっても いつになっても
となりでその笑顔見せて
やがて シンデレラガール
魔法が解ける日が来たって
いつになっても 幾つになっても
ボクはキミを守り続ける

I wanna be your sunshine (sunshine)
Because your smile has the magic
I wanna always be your sunshine (sunshine)
Always makes me happy!!

I wanna always be your King & Prince

文字サイズ:
   
歌詞の位置:
 

同名の曲が1曲収録されています。

シンデレラガール(フレンズ)

King & Princeの人気歌詞

シンデレラガールの収録CD,楽譜,DVD

人気の新着歌詞

キミトミタイセカイ

関ジャニ∞

ねぇ、まだ あの日のままねぇ、今も、運命と願いたい...

雨のち晴れ

GENERATIONS from EXILE TRIBE

完璧なものなど この世界にはもうないけど君が君らし...

くそ現代っ子ごみかす20代

ヤバイTシャツ屋さん

やらんといけんこと全部先延ばすマン世代のせいにした...

Say Your Name

円神

想いは吐息に消え 君まで届かないよ陽のあたるその席...

セカイノハテ

斉藤朱夏

できないふりで やらないことでツギハギ 隠した弱い...

ファーストラヴ

Uru

絡まって 解けない糸みたいに時が経っていくほど...

Hello, Goodbye

東京女子流

どうやって、伝えたらいいのだろう朝が来るたび、強く...

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法 利用規約 J-Lyric.net について

Copyright (c) 2006-2021 J-Lyric.net