崎山蒼志 塔と海 歌詞

崎山蒼志の「塔と海」歌詞ページ。
「塔と海」は、作詞:崎山蒼志、作曲:崎山蒼志です。

「塔と海」歌詞

歌:崎山蒼志

作詞:崎山蒼志

作曲:崎山蒼志

模範的な夜の森林をくぐり抜けて
大きなトンネルを通過したら
人工的な塔が見える
悲し気な光に照らされている

体内には知らない異物感
マンホールの下には桜があって
巨大な轟き 遠い未来から大木の様
そして今公園から流れる熱い泥
とかされそうさ

真っ青な海に飛び込んで
知った 世界だから
傷つき わからないことだらけで
ここまできてしまった
様々な形をした星たちが
非常に綺麗に光っていた
海の上でゆらいだりして

テレビつけて知る
行き場の無い怒りおぼえて
「だれも救われないじゃない」
と呟き 部屋を出る君
「本当にそうだね」と呟く頭の中
なぜ定期的に起こってしまうの
そういった人が出てきてしまうの
不安と比例する恐怖、怒り
今日も雨が降っている

真っ青な海に飛び込んで
知った 世界だから
傷つき わからないことだらけで
ここまできてしまった
様々な形をした星たちが
非常に綺麗に光っていた
海の上でゆらいだりして

文字サイズ:
   
歌詞の位置:
 

崎山蒼志の人気歌詞

人気の新着歌詞

好きだ虫

NMB48

Hey!Woh oh oh oh oh oh oh...

Only one, Only you

GLAY

くだらない夢想に巻き込まれて 歴史の闇が顔を出す無...

ビタミンSUMMER!

Liella!

アクロバットにぶっ飛んで 青い海こえてハイファイヴ...

夏の君にテヘヘのへ

chuLa

真夏の日差しを浴びながら走り抜けた海岸通り流れ...

Congrats!!

内田雄馬

集まった煌く光今輝けCongrats!!C...

UP to ME

BiSH

走り続けて疲れたどこだ終着はわからない...

僕らの時代

遊助

あの頃は良かったねとガキの頃大人が こぼすため息...

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法 利用規約 J-Lyric.net について

Copyright (c) 2006-2022 J-Lyric.net