あたらよ 晴るる 歌詞

あたらよの「晴るる」歌詞ページ。
「晴るる」は、作詞:ひとみ、作曲:ひとみです。

「晴るる」歌詞

歌:あたらよ

作詞:ひとみ

作曲:ひとみ

歩道橋の中央から
見下ろした街並みは
鮮やかに春を帯びて
冬の終わりを知らせている

今日はどこへ行こうか
宛もなくただ歩くんだ
読みかけの小説を
鞄の奥にしまい込んで

そっと頬を掠めた
春風にふわり踊る
花の欠片を集めて
掌の中閉じ込めた

そうだ花ってやつは
散り際こそが美しい
僕らもきっとそうなんだ
終わりこそが美しいんだ

春の風に
願いを込めて
どこか遠くへ
連れて行ってよ

ふわりふわりと揺れていた
君の心に残るこの歌
いつまでだって歌っているんだよ

ゆらりゆらりと揺れていた
君は儚げな顔で泣いてた
いつまでだって覚えてるのに

もう分からないんだよ
分からないんだよ
分からないんだよ
分かりたいんだよ

この春でさえいつか終わるんだ

その後は急に雨が
降り出したから
傘を買った
天気予報は大ハズレ
空には虹がかかってる

濡れたアスファルト
浮かぶ花びらは
どうしようもなく
無力だ

ふわりふわりと揺れていた
花は散りゆく後も美しい
いつまでだって歌っているんだよ

ゆらりゆらりと揺れていた
風は去り際こそが美しい
いつまでだって覚えてるのに

もう分からないんだよ
分からないんだよ
分からないんだよ
分かりたいんだよ

この春でさえいつか終わるんだ

春の風に
想いを乗せて
どこか遠くへ
連れ去ってよ

ふわりふわりと揺れていた
花は散り際こそが美しい
いつまでだって歌っているんだよ

ゆらりゆらりと揺れていた
雨は止みゆく後も美しい
いつまでだって覚えてるのに

もう分からないんだよ
分からないんだよ
分からないんだよ
分かりたいんだよ

この春でさえいつか始まるんだ

文字サイズ:
   
歌詞の位置:
 

「晴るる」のトピックス

雨の季節に歌いたい歌10選

毎日のように雨が降る日が続いています。ちょっと大変な季節ですが、雨だからこそ歌いたくなるしっとりとした切ないラブソングや、ロマンティックな歌を10曲選んでみました。雨の日はカラオケボックスや、部屋の中で音楽を楽しみましょう。

あたらよの人気歌詞

人気の新着歌詞

ビーサンはなぜなくなるのか?

HKT48

夏が来る気配は 昨日より眩(まぶ)しい青空(青空)...

Eutopia

鐘嵐珠(法元明菜)

“Hey. It's me! 准備好没?”もっと熱...

Hello Hello

風男塾

その指で軽くちょっとピッとワンタッチツナガル秒でパ...

ロマンティストでいいじゃない

田原俊彦

One more time 月のシャワー浴びて今夜...

荊棘輪舞曲

古川慎

噎せ返る血の香と罪過(ざいか)の果て(嗤うのは誰?...

おしえてMoonlight

バクステ外神田一丁目

ついこの間も 同じことがあってさ大したことじゃない...

わたし

SixTONES

有り得ないところまで心が 動き出す何気ない言葉...

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法 利用規約 J-Lyric.net について

Copyright (c) 2006-2022 J-Lyric.net