レミオロメン 追いかけっこ 歌詞

レミオロメンの「追いかけっこ」歌詞ページ。
「追いかけっこ」は、作詞:藤巻亮太、作曲:藤巻亮太。

追いかけっこ

歌:レミオロメン 作詞:藤巻亮太 作曲:藤巻亮太

どうして陽が傾いた 月が太陽追いかける
どうして瞼が腫れた 悔し涙は止まらない

はぐらかしてしまうくらいなら
いっそ悩むのさえ 止めればいいさ

影なら幾つも踏んでやれ
手を伸ばす程に 離れる雲よ
さよならなんかは 言わないで
僕らはやれるから

どうして人は彷徨う 十人十色の幸せ
どうして人は旅人 雨風凌ぎ陽を待つ

幼い日々の宿題の山
目隠しのままじゃ 生きられなくて

力の限りに戦うのさ
手を伸ばす程に 拡がる影よ
勝つか負けるかは わからない
僕らはやれるかな

届いてますか
僕たちは 臆病だからもっと 微笑んで

影なら何処にも満ちている
真っ白な雪の その裏側さえ
夜空を彩る星たちは 何も語らないけど

僕らは夢を見る

文字サイズ: 文字位置:

歌詞検索

曲名:
歌手名:
歌詞:

このページをブックマークする

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、 著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法利用規約歌詞検索J-Lyric.net について
Copyright © 2006-2013 J-Lyric.net