レミオロメン パラダイム 歌詞

レミオロメンの「パラダイム」歌詞ページ。
「パラダイム」は、作詞:藤巻亮太、作曲:藤巻亮太。

パラダイム

歌:レミオロメン

作詞:藤巻亮太

作曲:藤巻亮太

冬の中で落としてしまった
心の鍵 やっと見つけたら

鍵穴の方が
変わっていたのさ

何を見ている?
ふるいパラダイム 無常
コートも過去の哲学のよう

体に馴染んだ頃には
一つ季節が終わる

真白な雪が行き場を無くした
人の思い出のように
高く積もった

まるで綺麗な嘘みたいだから
そこに何があったか
忘れてしまった

冬の中で話題に上った
暗いニュース 命の叫び

頭の向こうへ
抜けていったのさ

麻痺してれば
そこはパラダイス 無情
デジタル化され 尚早いぞ

過激で刺激な方から
どんどん召し上がれ

主役が変わり ドラマ続くのさ
エキストラにもなれない
かもしれないけど

信じることで生きていけるから
疑うことでそれを
証明するのさ

ねえ 不平等に時は流れるよ
春を待つ時も 冬が来る時も

だけど ドア叩く音を
聞いていて

真白な雪が
そこから吹き込んで
人の心の中へ高く積もった

信じることで生きていけるから
疑うことでそれを
証明するのさ

そこに何があったか
忘れはしないよ
残っているから

文字サイズ: 文字位置:

歌詞検索

曲名:
歌手名:
歌詞:

歌詞の検索方法利用規約歌詞検索J-Lyric.net について
Copyright © J-Lyric.net