レミオロメン 花火 歌詞

レミオロメンの「花火」歌詞ページ。
「花火」は、作詞:藤巻亮太、作曲:藤巻亮太。

花火

歌:レミオロメン 作詞:藤巻亮太 作曲:藤巻亮太

星のたなびく night鎌倉 風の匂いは海と闇と
花火を上げて はしゃぎ合おうぜ 今夜空に星が増える
すまして 笑って 心トキメイテ
ピカって ゆらって 光と戯れたら
心少し近付けるかな

私は夏の花火のような恋ならしたくはないから
あなたをどこまで信じていいの?
光は闇の中で惹かれあっていた
未来でも過去でもなく今が一番奇麗
永遠が心に染み渡っていく

割と静かな night鎌倉 砂はシャリシャリ音を立てて
花火が照らす七夕の空 天の川に橋を架ける
並んで座って 煙の中から
フワッて 咲いた火の花の一輪を
指先から心に繋いだ

線香花火に人生を準えても 興味が無さそうだね
君の笑顔は気まぐれすぎて
優しい気持ちが体から溢れてくる
牡丹の花が散り最後のオレンジが広がって
奇麗って言った君が 愛しくて

夜が来る度 また星が降り
君に会いたくってたまらない
僕は君が好きなのさ

私は夏の花火のような恋ならしたくはないけど
あなたの全てを信じていたいの
僕ならいつだって単純明解なんだよ
未来でも過去でもなく今を見つめてごらん
目の前の君をずっと愛している
永遠が心に染み渡っていく

文字サイズ: 文字位置:

歌詞検索

曲名:
歌手名:
歌詞:

このページをブックマークする

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、 著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法利用規約歌詞検索J-Lyric.net について
Copyright © 2006-2013 J-Lyric.net