レミオロメン 恋の予感から 歌詞

レミオロメンの「恋の予感から」歌詞ページ。
「恋の予感から」は、作詞:藤巻亮太、作曲:藤巻亮太。

恋の予感から

歌:レミオロメン

作詞:藤巻亮太

作曲:藤巻亮太

どうしようもない愛しさを
何に例えられようか
どうしようもないやるせなさと
それは似ているのかな
風は君の髪を撫でていたね
優しい香りで心に灯をともして
温かい空気が胸を揺らすよ

恋の予感からどうにもならない
想いが溢れた
身体の中を駆け巡るんだ
好きだよ それだけ たった一言が
どうしてこんなに胸を締め付ける

どいしようもない淋しいは
何で埋めたらいいんだろう
眠れぬ夜 静かな朝日
心を焦してゆくよ
お互いの何を知っているかな
傷つくのが怖いと臆病になる
大切な言葉 素直に言えなくて

恋の予感からひとすじの愛を
注ぎ込んでいこう
馬鹿をみるでも信じていたい
昨日今日明日と同じ日はないさ
心が苦しい時は抱き合って

満ちて欠ける月の様な
光も影も僕らの心の姿のまま

積み上げていこう
素顔のままを裸の想いを

恋の予感から一番大事な
想いが溢れた
君の心に届けたいんだ
好きだよ 好きだよ たったそれだけで
どれだけ追いつめられても
かまわない怖くはない

文字サイズ: 文字位置:

歌詞検索

曲名:
歌手名:
歌詞:

歌詞の検索方法利用規約歌詞検索J-Lyric.net について
Copyright © J-Lyric.net