森昌子 悲しみの終着駅 歌詞

森昌子の「悲しみの終着駅」歌詞ページ。
「悲しみの終着駅」は、作詞:荒木とよひさ、作曲:浜圭介。

悲しみの終着駅

歌:森昌子 作詞:荒木とよひさ 作曲:浜圭介

幼い頃から あなたのことを
探していたよな 気がします
それは北の港町でも
そして凍てつく冬の岬で…

※あゝ生きてさえいれば めぐり逢えると
あゝ涙をぬぐってくれる人に
あなたは 悲しみの終着駅だから※

手鏡を見るたび 涙がいつも
似合っていたよな 気がします
それは窓に雪が降る夜
そして海鳴り旅の宿でも…

あゝあしたにはきっと春に逢えると
あゝわたしを支えてくれる人に
あなたは 悲しみの終着駅だから

(※くりかえし)

文字サイズ: 文字位置:

歌詞検索

曲名:
歌手名:
歌詞:

このページをブックマークする

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、 著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法利用規約歌詞検索J-Lyric.net について
Copyright © 2006-2013 J-Lyric.net