秦基博 やわらかい気配 歌詞

秦基博の「やわらかい気配」歌詞ページ。
「やわらかい気配」は、作詞:土岐麻子、作曲:秦基博。

やわらかい気配 歌詞

歌:秦基博

作詞:土岐麻子

作曲:秦基博

確かなものなど どこにもないと嘆いた
あの頃 本当は ずっと何を探してたんだろう

少しゆっくり話すくせが
愛しくって まだ うつったまま

夏の雨と 秋の影と 冬のサイレン 春に舞うビル風を
胸のなかの
きみのやわらかい気配
抱きしめて歩いた
忘れたくないと泣いた

黙ってそれきり 出てゆくきみを見ていた
あの頃 本当は この弱さがただ もどかしくて

きみの答えになれなかった
僕を残して夜が明ける

線路のさび 工場の壁 小さな歩道橋へとつづく道
胸の奥の
きみのやわらかい気配
ありふれた景色も
物語にしてくれた

つないだ指 負けず嫌い
シャツの匂い
笑う一瞬の美しさ
いまも残る
このやわらかい気配
きみが生きたすべては
確かな永遠だった

あのとききみは 本当は何を
幸せと感じていたの 分からない
さよなら
でも
このやわらかい気配
まだここで生きてる
確かな悲しみ抱いて

文字:
   
位置:
 



秦基博の人気歌詞

同名の曲が1曲収録されています。

やわらかい気配(土岐麻子)

やわらかい気配の収録CD,楽譜,DVD

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法 利用規約 J-Lyric.net について

Copyright © 2006-2017 J-Lyric.net