星野源 茶碗 歌詞

星野源の「茶碗」歌詞ページ。
「茶碗」は、作詞:星野源、作曲:星野源。

茶碗

歌:星野源

作詞:星野源

作曲:星野源

二十年前に買ったの 同じ茶碗を
古いアルバムの写真の 端に見えてる
二人きりで住んでいたの 儚い夢と
有り余る程の時間を 持て余してる

ああ 気がついたら 夢は子供になり
ああ 茶碗の小さいの 一つ増える

剥げた色のふちを 今日も口に運ぼう
ほら 長い長い日々を 今日も繋ごう
少し割れた底に こびりついた過去まで
かき込むの よく噛んでね 同じ茶碗で

五十年前の笑顔は そのアルバムで
有り余る程の髪の毛 持て余してる

ああ 気がついた 二人河童になり
ああ 湯船に浮かぶ島 雪のように

禿げた君の髪を そっと櫛で梳かそう
その 長い長い髪を 今日も結わこう
二人きりの居間に あの笑顔が浮かぶの
ゆっくりと よく梳いてね 曲がった櫛で

剥げた色のふちを 今日も口に運ぼう
ほら 長い長い日々を 今日も繋ごう
少し割れた底に こびりついた過去まで
飲み込んで よく噛んでね
二人で買った 同じ茶碗で


文字サイズ: 文字位置:

歌詞検索

曲名:
歌手名:
歌詞:

歌詞の検索方法利用規約歌詞検索J-Lyric.net について
Copyright © J-Lyric.net