星野源 口づけ 歌詞

星野源の「口づけ」歌詞ページ。
「口づけ」は、作詞:星野源、作曲:星野源。

口づけ 歌詞

歌:星野源

作詞:星野源

作曲:星野源

遠く茨の道さえも
貴方とゆけば頼もしい
繰り返す 一度しかない
夜と朝の口づけを

瞳交わしたあの日から
糸が絡んで外れない
繰り返す 一度しかない
夜と朝の口づけを

未だに思う
時 やり直せたら
揺れる 赤い花が
枯れなければいいのに

肩に担いだ悲しみを
明日に投げ打つ不安らと
繰り返す 一度しかない
夜と朝の口づけを

未だに思う
あの日 戻れるなら
揺れる 君の髪に
触れられればいいのに

遠く茨の道さえも
貴方とゆけば頼もしい
一度だけ を繰り返そう
夜と朝の口づけを
夜と朝の口づけを

文字:
   
位置:
 



星野源の人気歌詞

同名の曲が2曲収録されています。

口づけ(Fayray)

口づけ(クミコ)

口づけの収録CD,楽譜,DVD

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法 利用規約 J-Lyric.net について

Copyright © 2006-2017 J-Lyric.net