鳥羽一郎 北斗船 歌詞

鳥羽一郎の「北斗船」歌詞ページ。
「北斗船」は、作詞:星野哲郎、作曲:船村徹です。

「北斗船」歌詞

歌:鳥羽一郎

作詞:星野哲郎

作曲:船村徹

みぞれまじりの しぶきを頭から
浴びて乗り出す 噴火湾
海は荒れても 行かねばならぬ
今年六十の お袋さんに
ハワイ旅行が させたくて

沖の仕事は あの娘にゃ見せられぬ
見せりゃ嫁コに きてくれぬ
ねじり鉢巻き 外した跡を
櫛でならして 酒飲むときは
右も 左も 恋仇

派手にとび散る 鱗を花にみて
波の谷間で 花見酒
北の漁師も たそがれどきは
柄に合わない 人恋しさが
ゴムの軍手を つき抜ける

文字サイズ:
   
歌詞の位置:
 

人気の新着歌詞

黎明

ジャニーズWEST

ひとりぼっちだと思ってた 夕陽に背を向けて僕らはの...

限りなく灰色へ

25時、ナイトコードで。

才能なんてないからここで一生泣いているんだろ目に映...

ごくつぶし

ザ・クロマニヨンズ

タンスの厄介者天井の疫病神ああ 生まれてよかっ...

FORBIDDEN RAIN

UNDEAD

The beast in the rain…Y...

Fastest!

KOTOKO

妖怪か?マボロシか? 解らないもの謎に照準合わせ ...

レオ

優里

ショーケースの中過ごしていた誰もかれもが過ぎ去って...

逆夢

King Gnu

あなたが望むならこの胸を射通して頼りの無い僕も...

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法 利用規約 J-Lyric.net について

Copyright (c) 2006-2022 J-Lyric.net