鳥羽一郎 漁火港 歌詞

鳥羽一郎の「漁火港」歌詞ページ。
「漁火港」は、作詞:志賀大介、作曲:山本あやおです。

「漁火港」歌詞

歌:鳥羽一郎

作詞:志賀大介

作曲:山本あやお

ずい分遠くまで来たナァ…
ひと休みして行こうか

お袋みたいに温ったかい
漁火ゆれる 港町
俺もおまえも人生の
旅の途中のエトランゼ
今宵いのちの 酒を注ぐ

心の荷物を降ろしたら
少しは前が明かるかろ
潮の香りの小座敷で
夫婦みたいに差し向かい
外はやらずの港雨

泣いたって仕方がないさ
分かっているけど…ああ…

こぼれた涙で 夢と書く
男の夜を 誰が知ろ
浜の磯笛聞きながら
情け抱き寝の 港宿
明日は また旅 旅路酒

文字サイズ:
   
歌詞の位置:
 

人気の新着歌詞

黎明

ジャニーズWEST

ひとりぼっちだと思ってた 夕陽に背を向けて僕らはの...

限りなく灰色へ

25時、ナイトコードで。

才能なんてないからここで一生泣いているんだろ目に映...

ごくつぶし

ザ・クロマニヨンズ

タンスの厄介者天井の疫病神ああ 生まれてよかっ...

FORBIDDEN RAIN

UNDEAD

The beast in the rain…Y...

Fastest!

KOTOKO

妖怪か?マボロシか? 解らないもの謎に照準合わせ ...

レオ

優里

ショーケースの中過ごしていた誰もかれもが過ぎ去って...

逆夢

King Gnu

あなたが望むならこの胸を射通して頼りの無い僕も...

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法 利用規約 J-Lyric.net について

Copyright (c) 2006-2022 J-Lyric.net