鳥羽一郎 肩車 歌詞

鳥羽一郎の「肩車」歌詞ページ。
「肩車」は、作詞:都丸 悠、作曲:蔦 将包です。

「肩車」歌詞

歌:鳥羽一郎

作詞:都丸 悠

作曲:蔦 将包

でっかな親父の肩車
前に広がる海を見て
これが男の道しるべ
男同士の話した

海の向こうで 生まれた風に
押されるように旅に出た
たどり着いた 都会の夜空に
ひざまずいてばかりいた

いろんな人が生きている
夢に焦がれた東京は
光って消える ネオンのように
あてにならない街だった

くすんだ街の 飲み屋の陰に
銭にならない 「唄うたい」
夢に出るのは 親父の「肩車」
帰りたいけど意地がある

惚れた女の心柄
明日に見晴らす空を指し
これが二人の道しるべ
君と未来の話した

早いか遅いか それよりも
ひたすらここまで 生きてきた
やっと登った丘の上から
見えない海を見つめてた

泣いてたまるか 俺の夢
まだまだ旅は続くけど
口先だらけのこの街で
親父の背中が懐かしい

くすんだ街の 飲み屋の陰に
俺はひとりの 「唄うたい」
夢で飛び乗る 親父の「肩車」
来月あたり帰ろうか

文字サイズ:
   
歌詞の位置:
 

鳥羽一郎の人気歌詞

肩車の収録CD,楽譜,DVD

人気の新着歌詞

黎明

ジャニーズWEST

ひとりぼっちだと思ってた 夕陽に背を向けて僕らはの...

限りなく灰色へ

25時、ナイトコードで。

才能なんてないからここで一生泣いているんだろ目に映...

ごくつぶし

ザ・クロマニヨンズ

タンスの厄介者天井の疫病神ああ 生まれてよかっ...

FORBIDDEN RAIN

UNDEAD

The beast in the rain…Y...

Fastest!

KOTOKO

妖怪か?マボロシか? 解らないもの謎に照準合わせ ...

レオ

優里

ショーケースの中過ごしていた誰もかれもが過ぎ去って...

逆夢

King Gnu

あなたが望むならこの胸を射通して頼りの無い僕も...

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法 利用規約 J-Lyric.net について

Copyright (c) 2006-2022 J-Lyric.net