鳥羽一郎 暖簾三代 歌詞

鳥羽一郎の「暖簾三代」歌詞ページ。
「暖簾三代」は、作詞:たかたかし、作曲:水森英夫です。

「暖簾三代」歌詞

歌:鳥羽一郎

作詞:たかたかし

作曲:水森英夫

料理(あじ)は愛情(こころ)と おしえてくれた
おやじの暖簾の 跡をつぐ
算盤(そろばん)はじけば 勘定合わぬ
それを承知で こだわる味は
暖簾三代の 心意気

形(かたち)見ための 派手さがばかり
もてはやされる この時代
お世辞もいえない 職人気質(かたぎ)
野暮な自分を そのまま通す
暖簾三代の 頑固者

店の看板 灯りを入れる
女房の背中に 春の風
お客の笑顔に 苦労をわすれ
今日も自慢の 包丁さばき
暖簾三代の おもてなし

文字サイズ:
   
歌詞の位置:
 

人気の新着歌詞

黎明

ジャニーズWEST

ひとりぼっちだと思ってた 夕陽に背を向けて僕らはの...

限りなく灰色へ

25時、ナイトコードで。

才能なんてないからここで一生泣いているんだろ目に映...

ごくつぶし

ザ・クロマニヨンズ

タンスの厄介者天井の疫病神ああ 生まれてよかっ...

FORBIDDEN RAIN

UNDEAD

The beast in the rain…Y...

Fastest!

KOTOKO

妖怪か?マボロシか? 解らないもの謎に照準合わせ ...

レオ

優里

ショーケースの中過ごしていた誰もかれもが過ぎ去って...

逆夢

King Gnu

あなたが望むならこの胸を射通して頼りの無い僕も...

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法 利用規約 J-Lyric.net について

Copyright (c) 2006-2022 J-Lyric.net