鳥羽一郎 港こぼれ花 歌詞

鳥羽一郎の「港こぼれ花」歌詞ページ。
「港こぼれ花」は、作詞:さくらちさと、作曲:弦哲也です。

「港こぼれ花」歌詞

歌:鳥羽一郎

作詞:さくらちさと

作曲:弦哲也

港 海鳴り 北の果て
軋(きし)む戸口の 花のれん
人恋し気(げ)に 酌をする
女の手首の うすい傷
捨てて置いたら くずれそな
おまえ 港の こぼれ花

何を想って 暮らすのか
店の二階で ひっそりと
見えない過去が 見えたよで
抱いても心を 乱される
忘れさせたい 何もかも
俺の この胸 こぼれ花

夜明け間近の 流れ雪
別れ惜しんで 泣く霧笛
眠れば素足 からませる
一夜(ひとよ)じゃすまない いじらしさ
いっそふたりで 生きようか
俺も お前も こぼれ花

文字サイズ:
   
歌詞の位置:
 

鳥羽一郎の人気歌詞

人気の新着歌詞

黎明

ジャニーズWEST

ひとりぼっちだと思ってた 夕陽に背を向けて僕らはの...

限りなく灰色へ

25時、ナイトコードで。

才能なんてないからここで一生泣いているんだろ目に映...

ごくつぶし

ザ・クロマニヨンズ

タンスの厄介者天井の疫病神ああ 生まれてよかっ...

FORBIDDEN RAIN

UNDEAD

The beast in the rain…Y...

Fastest!

KOTOKO

妖怪か?マボロシか? 解らないもの謎に照準合わせ ...

レオ

優里

ショーケースの中過ごしていた誰もかれもが過ぎ去って...

逆夢

King Gnu

あなたが望むならこの胸を射通して頼りの無い僕も...

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法 利用規約 J-Lyric.net について

Copyright (c) 2006-2022 J-Lyric.net