童謡・唱歌 お正月 歌詞

童謡・唱歌の「お正月」の歌詞を表示します。「お正月」の歌詞をひらがなで表示します。「もういくつねるとおしょうがつ…」と歌い始める「お正月」の歌が街に流れ始めると、新年が待ち遠しくなります。一緒に歌ってお正月を楽しく待ちましょう。

「お正月」歌詞

歌:童謡・唱歌

作詞:東 くめ

作曲:滝 廉太郎

もういくつねると おしょうがつ
おしょうがつには たこあげて
こまをまわして あそびましょう
はやくこいこい おしょうがつ

もういくつねると おしょうがつ
おしょうがつには まりついて
おいばねついて あそびましょう
はやくこいこい おしょうがつ

文字サイズ:
   
歌詞の位置:
 

「お正月」について

お正月、門松、おせち、鏡餅

「お正月」の歌詞の意味

1901年(明治34年)に東くめの作詞で発表になった「お正月」は現在でも特に難しい言葉は使われていませんが、たこ(凧)、こま(独楽)、まり(毬)、おいばね(追羽根)など現在の子供たちはあまり遊ばなくなってしまったお正月の遊具を写真でご紹介します。

凧あげ

たこ(凧)、形は様々で地域によっても変わるようです。昭和三、四十年代には、お正月になるとやっこ凧も駄菓子屋で売っていましたが、やっこ凧は揚げるのがとても難しく、上手く揚げると子供たちの中で一目置かれるようになりました。

コマ回し

こま(独楽・コマ)も、凧と同じように地域によって形が大きく異なります。お正月に遊ばれるのは、ひもを使って回す独楽が多く、関東ではベーゴマと呼ばれる鋳物で作られた金属製の独楽が主流のようです。地域によっては、木製の本体に、金属製の心棒と輪をつけたものもあります。

毬

まり(毬)、明治初期の頃までは写真のように芯にぜんまい綿などをまいた上に美しい糸で模様を付けて巻いた「手毬」が一般的だったようですが、明治の中頃にゴム製のまりが出現し、ゴムまりはよく弾むことから手でつく(地面に弾ませる)遊び方がしやすくなったとのことで、「お正月」で歌われている「まり」はゴム製のものだったのかもしれません。

羽つき

おいばね(追羽根)、写真のような羽子板と羽根を使った「バドミントン」のような遊びで、二人が向かい合って対戦する遊び方を「追羽根」と呼んでいました。羽子板は木製で、羽根にはムクロジという植物の固い種が付けられているため、羽根を打つと「カン」と音が響くのが楽しみのひとつでもありました。バドミントンと異なり、羽子板にも羽根にも弾力性は無く、上手く打たないと羽根が飛ばないことから、幼児や低学年児童にはやや難しいかもしれません。

「お正月」の曲について

「お正月」の歌い出しの楽譜

歌唱用の楽譜では、へ長調、4/4(4分の4拍子)、テンポは♩=100~120程度とされているものが多いようです。

「お正月の」の音域の楽譜

へ長調の時の歌い出しの音はファ(F4=一点へ)で音域は、ド~ド、C4~C5(一点ハ~二点ハ)で、幼児の音域が2~3歳でド~ソ、5~6歳で約1オクターブと言われている(個人差はあります)ことから、幼稚園・保育園から小学校低学年くらいの年齢で十分に歌える音域だと言えます。

同名の曲が3曲収録されています。

お正月(電気グルーヴ)

お正月(タンポポ児童合唱団)

お正月(385)

「お正月」のトピックス

冬の童謡・唱歌

冬の童謡・唱歌

冬に人気が集まる童謡・唱歌のうち、特に12月1月頃にアクセス回数が急増する歌詞を集めてみました。

童謡・唱歌の人気歌詞

「童謡・唱歌」について

子供向けの歌、旧文部省が教科のひとつ唱歌(現在の音楽)で指導するために選んだ歌曲などの他、主に子供向けに作られた歌など、J-Lyricでは広義に童謡として収録しています。

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法 利用規約 J-Lyric.net について

Copyright (c) 2006-2021 J-Lyric.net