童謡・唱歌 ゆき 歌詞

童謡・唱歌の「ゆき」の歌詞をふりがな付き、ひらがなで表示します。「ゆき」の歌詞をふりがな付きとひらがなで表示します。「ゆきやこんこ あられやこんこ…」とリズムよく歌う冬の童謡の一番人気のこの曲は、日本の冬を歌う童謡の代表曲です。

「ゆき」歌詞

歌:童謡・唱歌

作詞:不詳

作曲:不詳

ひらがなでみる≫

スマホでも見やすい楽譜を見る≫

(ゆき)やこんこ(あられ)あられやこんこ
()っては()ってはずんずん(せき)つもる
(やま)野原(のはら)綿帽子(わたぼうし)わたぼうしかぶり
枯木(かれき)かれき(のこ)らず(はな)()

(ゆき)やこんこ(あられ)やこんこ
()っても()ってもまだ()りやまぬ
(いぬ)(よろこ)(にわ)(かけ)かけまはり
(ねこ)火燵(こたつ)こたつで(まる)くなる

文字サイズ:
   
歌詞の位置:
 

「ゆき」について

「ゆき」の歌詞について

「ゆき」は文部省唱歌のひとつで、1911年(明治44年)に小学校2年生向けに初めて収録されました。2007年(平成19年)には、「日本の歌百選」にも選ばれています。

「ゆき」の曲について

「ゆき」の歌い出しの楽譜

歌唱用の楽譜では、ハ長調、2/4(4分の2拍子)、テンポは♩=96程度とされているものが多いようです。

「ゆき」の音域の楽譜

ハ長調の時の歌い出しの音はソ(G4=一点ト)で音域は、ド~ラ、C4~A4(一点ハ~一点イ)で、幼児の音域が2~3歳でド~ソ、5~6歳で約1オクターブと言われている(個人差はあります)ことから低学年児童にも十分に歌える音域であるといえます。

「ゆき」のトピックス

冬の童謡・唱歌

冬の童謡・唱歌

冬に人気が集まる童謡・唱歌のうち、特に12月1月頃にアクセス回数が急増する歌詞を集めてみました。

童謡・唱歌の人気歌詞

「童謡・唱歌」について

子供向けの歌、旧文部省が教科のひとつ唱歌(現在の音楽)で指導するために選んだ歌曲などの他、主に子供向けに作られた歌など、J-Lyricでは広義に童謡として収録しています。

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法 利用規約 J-Lyric.net について

Copyright (c) 2006-2021 J-Lyric.net