童謡・唱歌 冬の星座 歌詞

童謡・唱歌の「冬の星座」の歌詞をふりがな付き、ひらがなで表示します。「冬の星座」の歌詞をふりがな付き、全文ひらがなで表示します。「木枯らしとだえて さゆる空より」と歌い始める「冬の星座」は、ウィリアム・ヘイス作曲の美しいメロディに冬の星座の情景を歌うとても優しく美しい歌曲です。

「冬の星座」歌詞

歌:童謡・唱歌

作詞:堀内敬三

作曲:ウィリアム・ヘイス

ひらがなでみる≫

木枯(こが)らしとだえて
さゆる(ぞら)より
地上(ちじょう)()りしく
(くす)しき(ひかり)
ものみないこえる
しじまの(なか)
きらめき()れつつ
星座(せいざ)はめぐる

ほのぼの()かりて
(なが)るる銀河(ぎんが)
オリオン()()
スバルはさざめく
無窮(むきゅう)をゆびさす
北斗(ほくと)(はり)
きらめき()れつつ
星座(せいざ)はめぐる

無窮(むきゅう)をゆびさす
北斗(ほくと)(はり)
きらめき()れつつ
星座(せいざ)はめぐる

文字サイズ:
   
歌詞の位置:
 

「冬の星座」について

冬の星座

「冬の星座」の歌詞について

「冬の星座」は、1871年にアメリカのウィリアム・ヘイスが作詞作曲したポピュラー・ソング「愛しのモーリー」の曲に、シンガーソングライターの堀内圭三が新たな詞を書いた楽曲で、翻訳ではありません。「冬の星座」は、日本の歌百選に選ばれています。

「冬の星座」の曲について

「冬の星座」の歌い出しの楽譜

歌唱用の楽譜では、ハ長調、4/4(4分の4拍子)、テンポは♩=80~120程度とされているものが多いようです。

ハ長調の時の歌い出しの音はド(C4=一点ヘ)で音域は、ド~レ、C4~D5(一点ハ~二点ニ)です。

同名の曲が11曲収録されています。

冬の星座(白鳥英美子)

冬の星座(ダ・カーポ)

冬の星座(トワ・エ・モア)

冬の星座(木山裕策)

冬の星座(宝月明日見(南央美))

冬の星座(原マスミ)

冬の星座(吉田山田)

冬の星座(坪倉唯子)

冬の星座(ザ・リリーズ)

冬の星座(荒川ケンタウロス)

「冬の星座」で検索する

「冬の星座」のトピックス

冬の童謡・唱歌

冬の童謡・唱歌

冬に人気が集まる童謡・唱歌のうち、特に12月1月頃にアクセス回数が急増する歌詞を集めてみました。

童謡・唱歌の人気歌詞

「童謡・唱歌」について

子供向けの歌、旧文部省が教科のひとつ唱歌(現在の音楽)で指導するために選んだ歌曲などの他、主に子供向けに作られた歌など、J-Lyricでは広義に童謡として収録しています。

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法 利用規約 J-Lyric.net について

Copyright (c) 2006-2021 J-Lyric.net