神野美伽 浪花の春 歌詞

神野美伽の「浪花の春」歌詞ページ。
「浪花の春」は、作詞:もず唱平、作曲:市川昭介です。

「浪花の春」歌詞

歌:神野美伽

作詞:もず唱平

作曲:市川昭介

一緒に暮らした ひと冬を
なかったことに してもいい
放(ほか)さんといて 夢だけは
縞の着物に 角帯みたて
男のために 女が買うた
ああ 浪花の春は どのあたり

心で泣いても 人前で
泣くのは 阿呆のすることや
教えてくれた ひとがいる
日向(ひなた)さがして 育った二人
あんたとうちは 相惚れやった
ああ 浪花の春よ 早く来い

添わせて欲しいと 掌(て)を合わせ
天神さんに 願かける
三十路(みそじ)の肩に 忘れ雪
弥生三月 大川沿いの
桜もやっと 蕾をつける
ああ 浪花の春は もう近い

文字サイズ:
   
歌詞の位置:
 

人気の新着歌詞

キミトミタイセカイ

関ジャニ∞

ねぇ、まだ あの日のままねぇ、今も、運命と願いたい...

雨のち晴れ

GENERATIONS from EXILE TRIBE

完璧なものなど この世界にはもうないけど君が君らし...

くそ現代っ子ごみかす20代

ヤバイTシャツ屋さん

やらんといけんこと全部先延ばすマン世代のせいにした...

Say Your Name

円神

想いは吐息に消え 君まで届かないよ陽のあたるその席...

セカイノハテ

斉藤朱夏

できないふりで やらないことでツギハギ 隠した弱い...

ファーストラヴ

Uru

絡まって 解けない糸みたいに時が経っていくほど...

Hello, Goodbye

東京女子流

どうやって、伝えたらいいのだろう朝が来るたび、強く...

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法 利用規約 J-Lyric.net について

Copyright (c) 2006-2021 J-Lyric.net