神野美伽 北港 歌詞

神野美伽の「北港」歌詞ページ。
「北港」は、作詞:荒木とよひさ、作曲:弦哲也です。

「北港」歌詞

歌:神野美伽

作詞:荒木とよひさ

作曲:弦哲也

雪が舞い込む 暖簾の裾に
細腕ひとつで 賄う酒場
この港町(まち)捨てても 行く先なんか
浮世の外には ないけれど
生きてゆきます 北港
あなたどこまで愛せばいいの

酔えば心も 髪まで熱い
吹雪を抱いても 冷えない身体
夢なら会えても 面影だけが
枕を泪で 濡らすけど
生きてゆきます 北港
あなたどこまで守ればいいの

春は嘘つき 仕合せなんか
根雪が解けても 帰っちゃこない
死ぬほど惚れてた 待ち人だから
いのちも凍って いいけれど
生きてゆきます 北港
あなたどこまで耐えればいいの

文字サイズ:
   
歌詞の位置:
 

人気の新着歌詞

残響散歌

Aimer

誰が袖に咲く幻花(げんか)ただ そこに藍(あい)を...

FiNAL SHiTS

BiSH

いつか終わりは来ちゃうから後悔しないように...

カミモホトケモ

GRANRODEO

夢に添い遂げてんじゃ無いそんな事は分かって生きてき...

Head Shot

BLACK IRIS

Ei yo Rise you hands up Don...

一本道の唄

鳥羽一郎

泣きたくなるよな 長い一本道を歩いて来ました まだ...

逆夢

King Gnu

あなたが望むならこの胸を射通して頼りの無い僕も...

一途

King Gnu

最期にもう一度強く抱きしめてその後はもう何...

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法 利用規約 J-Lyric.net について

Copyright (c) 2006-2022 J-Lyric.net