神野美伽 いちから二人 歌詞

神野美伽の「いちから二人」歌詞ページ。
「いちから二人」は、作詞:荒木とよひさ、作曲:弦哲也です。

「いちから二人」歌詞

歌:神野美伽

作詞:荒木とよひさ

作曲:弦哲也

雨の裏街 昭和の灯り
ともす暖簾の 酒場(みせ)ならあるが
この都会(まち)売って ひとつの傘で
俺(おい)らが生まれた 故郷(ふるさと)で
出直ししないか いちから二人

雨が背中に 昭和が遠い
何もいいこと 掴めぬままに
夢だけ喰って 生きてたけれど
俺(おい)らが生まれた 故郷(ふるさと)で
残りの人生 いちから二人

雨にネオンが 昭和が煙る
詫びる昔が 浮かんで消えて
若くはないが 最後の恋を
俺(おい)らが生まれた 故郷(ふるさと)で
死ぬまで一緒に いちから二人

文字サイズ:
   
歌詞の位置:
 

人気の新着歌詞

キミトミタイセカイ

関ジャニ∞

ねぇ、まだ あの日のままねぇ、今も、運命と願いたい...

雨のち晴れ

GENERATIONS from EXILE TRIBE

完璧なものなど この世界にはもうないけど君が君らし...

くそ現代っ子ごみかす20代

ヤバイTシャツ屋さん

やらんといけんこと全部先延ばすマン世代のせいにした...

Say Your Name

円神

想いは吐息に消え 君まで届かないよ陽のあたるその席...

セカイノハテ

斉藤朱夏

できないふりで やらないことでツギハギ 隠した弱い...

ファーストラヴ

Uru

絡まって 解けない糸みたいに時が経っていくほど...

Hello, Goodbye

東京女子流

どうやって、伝えたらいいのだろう朝が来るたび、強く...

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法 利用規約 J-Lyric.net について

Copyright (c) 2006-2021 J-Lyric.net