Uru ファーストラヴ 歌詞

Uruの「ファーストラヴ」歌詞ページ。
「ファーストラヴ」は、作詞:Uru、作曲:Uruです。

「ファーストラヴ」歌詞

歌:Uru

作詞:Uru

作曲:Uru

絡まって 解けない
糸みたいに
時が経っていくほど
硬く脆くなっていく

ひび割れたままの記憶
片付けることもできずに
綺麗な服を纏って
全て忘れたふりをしていた

きっとこのまま誰も愛さない
誰にも愛されないと
胸の奥ヒリヒリ痛む度に
うずくまって そう呟いていた

幸せを願うことさえ怖くて
泣き方もわからずに怯えていた
肩を抱く誰かの温もりに
顔を上げると そこにあなたがいた
その腕の中聴こえてきた音は
とても優しく温かい音でした

一つずつ心が解けていく
あなたと出逢い
初めて愛を
知りました

拭っても 払えない
悪い夢みたいに
まだどこかにある陰に
きっとあなたは気づいていた

いびつに微笑んだ私の
瞳の奥を見つめて
何も言わずに強く抱きしめた
全てを包み込むように

幸せを願うことさえ怖くて
泣き方もわからずに怯えていた
「ここから先は一緒にいこう」と
繋いだ手を 握り直して
手を引いて歩くあなたの隣で
見えた景色はとても綺麗でした

一つずつ心を結んでいく
あなたと出逢い
初めて愛を
知りました

文字サイズ:
   
歌詞の位置:
 

Uruの人気歌詞

ファーストラヴの収録CD,楽譜,DVD

人気の新着歌詞

キミトミタイセカイ

関ジャニ∞

ねぇ、まだ あの日のままねぇ、今も、運命と願いたい...

雨のち晴れ

GENERATIONS from EXILE TRIBE

完璧なものなど この世界にはもうないけど君が君らし...

くそ現代っ子ごみかす20代

ヤバイTシャツ屋さん

やらんといけんこと全部先延ばすマン世代のせいにした...

Say Your Name

円神

想いは吐息に消え 君まで届かないよ陽のあたるその席...

セカイノハテ

斉藤朱夏

できないふりで やらないことでツギハギ 隠した弱い...

Hello, Goodbye

東京女子流

どうやって、伝えたらいいのだろう朝が来るたび、強く...

麻痺

yama

痺れちゃうくらいに怖くてさ足が竦んで竦んでいた...

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法 利用規約 J-Lyric.net について

Copyright (c) 2006-2021 J-Lyric.net