Kalafina 音楽 歌詞

Kalafinaの「音楽」歌詞ページ。
「音楽」は、作詞:梶浦由記、作曲:梶浦由記です。

「音楽」歌詞

歌:Kalafina

作詞:梶浦由記

作曲:梶浦由記

それでも誰かを信じたい君の小さな溜息は
世界の何処にも届かず消えた

雨は二人を打ち据えて僕は瞳を尖らせて
何にも出来ないこの手を離した

僕に見えないものが君には見えていたの
太陽が昇る場所までまだ遠い

魂の中にある一条の光を信じて
叫びたい言葉さえ無いけれどただ叫んでいる
それが僕の音楽

いつ終わるかなんて分からない
きっと終わるときも分からない
だからもう少し、せめてもう一歩

何処へ行きたいか分からない
それでもしつこく呼ぶ声に
嵐を選んで碇を上げる

叫ぶ力も尽きて その雲が消える頃
激しい夜明けが海をも枯らすだろう

魂が果てるまで一条の光を信じて
泣きながら歌うんだ眠れない夜の向こうに
きっと君の音楽

明日への近道がどうしても見つけられない
一つずつ 一歩ずつ そんなの分かっているけれど
太陽が昇る場所へ

それでも信じ続けたい君の小さな溜息が
僕の胸を不意に貫いた

君の手を取る為に闇雲にただ愛を信じて
僕達は手探りでじたばたとまだ旅の途中
魂が果てるまで一条の光を信じて
出鱈目な旋律が溢れ出す夜の向こうに
きっと僕の音楽

文字サイズ:
   
歌詞の位置:
 

人気の新着歌詞

黄色

back number

今は硝子の蓋を閉めてこの気持ちが私の胸を衝いて...

根も葉もRumor

AKB48

Hey! Whazzup?Nothing! Not...

食べた愛

aiko

あながち間違ってないよ むしろそれで合ってるよだけ...

光の魔人

ザ・クロマニヨンズ

赤煉瓦の煙突を 蹴飛ばして行くんだもっと高く もっ...

生きることは尊いに決まってんだろ

風男塾

GET TOUGH! やいのやいの言うてもGET ...

こむぎ

遊助

鼻から空吸って ゆっくりと吐くんだこんな毎日が実る...

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法 利用規約 J-Lyric.net について

Copyright (c) 2006-2021 J-Lyric.net