Kalafina signal 歌詞

Kalafinaの「signal」歌詞ページ。
「signal」は、作詞:梶浦由記、作曲:梶浦由記です。

「signal」歌詞

歌:Kalafina

作詞:梶浦由記

作曲:梶浦由記

何だってすぐにこんな風に
溶け去ってしまうの
夢だってすぐに立ち消えて
笑って済ますでしょう
残るものは何
ほんとのこと
歩いて来た道で
もぎ取った何か
喉元に
つかえたままのsignal

I gotta goin'
keep believin'

昨日永らえた怒りなら
見込みはあるのでしょう
尖ったネジをギリギリと
焔を放つまで
許さなくていい
自分のこと
錆び付いた心を
足りない答えと
苛立ちを
逆立てて進むの

空の蒼が
そのまま海へ落ちて行く
雨を運ぶ風の行く丘へ
遠く光る
銀色の雲呼び寄せて
澄んだ声で歌い出す

いつか……

泣いて放たれる想いなら
手放して構わない
転がってみれば
少しずつ
何とか動くでしょう
残らなくていい
ギリギリで手にした光から
逃げ出した夜の
私の事
私は許さないわ

文字サイズ:
   
歌詞の位置:
 

人気の新着歌詞

黄色

back number

今は硝子の蓋を閉めてこの気持ちが私の胸を衝いて...

根も葉もRumor

AKB48

Hey! Whazzup?Nothing! Not...

食べた愛

aiko

あながち間違ってないよ むしろそれで合ってるよだけ...

光の魔人

ザ・クロマニヨンズ

赤煉瓦の煙突を 蹴飛ばして行くんだもっと高く もっ...

生きることは尊いに決まってんだろ

風男塾

GET TOUGH! やいのやいの言うてもGET ...

こむぎ

遊助

鼻から空吸って ゆっくりと吐くんだこんな毎日が実る...

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法 利用規約 J-Lyric.net について

Copyright (c) 2006-2021 J-Lyric.net