Kalafina 百火繚乱 歌詞

Kalafinaの「百火繚乱」歌詞ページ。
「百火繚乱」は、作詞:梶浦由記、作曲:梶浦由記です。

「百火繚乱」歌詞

歌:Kalafina

作詞:梶浦由記

作曲:梶浦由記

夢を見て僕らは泣いた
涙を持たぬ筈の
鋼の心で
運命(さだめ)を思った
違う夜明けの色を祈り

何を守る為にまた
消えた時を彷徨って
滅びへと駆け抜ける
光放つ刃

あの時消えて行った
紅い虹の彼方には
君が見た世界がまだ
目醒めを知らず天にあって

花のように咲く炎の中に
今も佇む僕らの姿
刻み込まれた道に凍る
砕けた夢の痕

残された僕らはきっと
錆びた鎖を繋ぐ最後の欠片で
見届けた夜の
月の光を蒼く宿す刃

守りたいと思うのは
君が夢を見た世界
光へと駆け抜けた
その道の眩しさ

思いを残したまま
心は散って行くけれど
焼け堕ちた道を辿り
数多の夢が今も空を焦がす
いつか焔は天に届く

文字サイズ:
   
歌詞の位置:
 

Kalafinaの人気歌詞

人気の新着歌詞

キミトミタイセカイ

関ジャニ∞

ねぇ、まだ あの日のままねぇ、今も、運命と願いたい...

雨のち晴れ

GENERATIONS from EXILE TRIBE

完璧なものなど この世界にはもうないけど君が君らし...

くそ現代っ子ごみかす20代

ヤバイTシャツ屋さん

やらんといけんこと全部先延ばすマン世代のせいにした...

Say Your Name

円神

想いは吐息に消え 君まで届かないよ陽のあたるその席...

セカイノハテ

斉藤朱夏

できないふりで やらないことでツギハギ 隠した弱い...

ファーストラヴ

Uru

絡まって 解けない糸みたいに時が経っていくほど...

Hello, Goodbye

東京女子流

どうやって、伝えたらいいのだろう朝が来るたび、強く...

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法 利用規約 J-Lyric.net について

Copyright (c) 2006-2021 J-Lyric.net