Aimer StarRingChild 歌詞

Aimerの「StarRingChild」歌詞ページ。
「StarRingChild」は、作詞:Hiroyuki Sawano、作曲:Hiroyuki Sawanoです。

「StarRingChild」歌詞

歌:Aimer

作詞:Hiroyuki Sawano

作曲:Hiroyuki Sawano

素直に開ければ 触れる芽を
大人びたセリフの陰に隠した
背伸びして覗いた街は揺れてる

遠ざかるあの日の約束も 色褪せてしまえばすり替えられる
本当と嘘を混ぜた強がりは 見失った声を隠せない

Star・Ring・Child
この震えた鼓動握れば 音を鳴らせる
まだ小かった頃の手が描く全てに
ノートからはみ出す未来がいた

ザラついた響きばかり選んで
耳鳴り止まず ノイズまた被せる
歪んだ膜はもう真意も拾えないまま

弱さを忘れた足音リズム 無垢な愛の詞(うた)さえかき消してゆく
演じる意味はどこもブレたまま 見失った線は繋げない

ちらかった星空に似ている願いが こわく見えた
臆病に飾った言葉振り回しても どこもかすらない

Star・Ring・Child
この震えた身体もまだ 音を鳴らせる
あの小かった頃の手が描く全てに
ノートからはみ出す願いがいた

手を振らない子供達が 終らせなかった
好きに広がる宝地図
あの場所で答えなんて 欠片さえいらなかった
1秒に詰めた世界

駆け出した 無邪気な色は ぶつかり合っても
塗り上げる音忘れない
なぞられた答えなんて ここに必要ないから
1秒に見えた世界を 次へ

文字サイズ:
   
歌詞の位置:
 

人気の新着歌詞

黄色

back number

今は硝子の蓋を閉めてこの気持ちが私の胸を衝いて...

根も葉もRumor

AKB48

Hey! Whazzup?Nothing! Not...

食べた愛

aiko

あながち間違ってないよ むしろそれで合ってるよだけ...

光の魔人

ザ・クロマニヨンズ

赤煉瓦の煙突を 蹴飛ばして行くんだもっと高く もっ...

生きることは尊いに決まってんだろ

風男塾

GET TOUGH! やいのやいの言うてもGET ...

こむぎ

遊助

鼻から空吸って ゆっくりと吐くんだこんな毎日が実る...

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法 利用規約 J-Lyric.net について

Copyright (c) 2006-2021 J-Lyric.net