22/7 僕は存在していなかった 歌詞

22/7の「僕は存在していなかった」歌詞ページ。
「僕は存在していなかった」は、作詞:秋元康、作曲:目黒良子です。

「僕は存在していなかった」歌詞

歌:22/7

作詞:秋元康

作曲:目黒良子

僕は自分を信じていない
自分の存在 知られたくなかった

風が吹く日は その風が止むまで
部屋から出るなんて考えたこともない

心の窓にはカーテンを引いて
世界の隅でそっと息をしてた

夢見るってことは何かを期待すること
傷つくくらいなら 夢なんか見たくない

僕は色を持たない花
君とまたすれ違っても
きっと僕を思い出せないだろう
好きと言ってはダメなんだ

青い空よりどこまでも澄んだ
自由の意味を知るやさしい眼差しで

孤独な窓を何度も叩いて
世界の広さ 君は教えてくれた

必要とされるのは生きてる意味を感じる
雨風に打たれても生まれ変われる

僕も色を持ってた花
やっと今さら気づいたよ
君が僕に光をくれたんだ
好きと言ってもいいのかな

すべては他人事(ひとごと)のようでも
君だけは愛を見捨てずに
どこからか 僕を呼ぶ声が聴こえる

他の花と比べていた
ずっと一人絶望して
どんな花も色があるように
僕には僕の色がある

僕は自分を信じ始めた
今なら好きだと言えるかもしれない

文字サイズ:
   
歌詞の位置:
 

人気の新着歌詞

黄色

back number

今は硝子の蓋を閉めてこの気持ちが私の胸を衝いて...

根も葉もRumor

AKB48

Hey! Whazzup?Nothing! Not...

食べた愛

aiko

あながち間違ってないよ むしろそれで合ってるよだけ...

光の魔人

ザ・クロマニヨンズ

赤煉瓦の煙突を 蹴飛ばして行くんだもっと高く もっ...

生きることは尊いに決まってんだろ

風男塾

GET TOUGH! やいのやいの言うてもGET ...

こむぎ

遊助

鼻から空吸って ゆっくりと吐くんだこんな毎日が実る...

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法 利用規約 J-Lyric.net について

Copyright (c) 2006-2021 J-Lyric.net