レミオロメン タクシードライバー 歌詞

レミオロメンの「タクシードライバー」歌詞ページ。
「タクシードライバー」は、作詞:藤巻亮太、作曲:藤巻亮太。

タクシードライバー

歌:レミオロメン 作詞:藤巻亮太 作曲:藤巻亮太

いつものようにハンドル握り 人工照明谷 通り抜け
衝動に鍵をかけたら 頭も石の呟き

流星が夜空に落ちたらしいよ
ビルもネオンも乾いているんだよ
君のところへ 帰ろうか

名前もない踏切り 電車の風
疲れた顔が揺られているよ
ヘッドライトと連結の影遊び
窓に下がる腕に秋が張り付いた

いつものように渋滞のケツは イライラが体に良くないって
感情に布かぶせたら 感覚が麻痺してしまう

森の茂みに 笑われたいな
海の青さに つつまれたいな
君のところへ 帰ろうか

名前もない踏切り 電車の風
疲れた顔は 誰かに似ているよ
ヘッドライトと連結の影遊び
窓に下がる腕に秋が張り付いた

こうも晴れた星のない空
よそ見の中に迷い込んだ

流星が夜空に落ちたらしいよ
ビルもネオンも乾いているんだよ

文字サイズ: 文字位置:

歌詞検索

曲名:
歌手名:
歌詞:

このページをブックマークする

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、 著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

収録CD

歌詞の検索方法利用規約歌詞検索J-Lyric.net について
Copyright © 2006-2013 J-Lyric.net