レミオロメン シフト 歌詞

レミオロメンの「シフト」歌詞ページ。
「シフト」は、作詞:藤巻亮太、作曲:藤巻亮太。

シフト 歌詞

歌:レミオロメン

作詞:藤巻亮太

作曲:藤巻亮太

どんな尖ったハサミそれより鋭い
現実の切れ味 搾取と無知の罠
空の色さえ素焼きにして
日々はビル群を
すり抜け 突き抜け 駆け抜けてゆく

僕らはオアシスより砂漠を行く
風を切る時は砂を飲み干して
夜明けに錆びる群星を飛び立つ
一つの光それになる

ほとんど消えてゆく思い出の中で
生きる呼吸の味に今を感じている
進化と退化 交差点で
自己は自己像を
削って 遊んで 捏ねくり回す

望みの所在は過去、今、未来か
愛か地位か金か意味か霞か
夜風で伸びる流星と羽ばたく
光の場所を探す日々

さまよい なだれて 無駄骨折ってる
よたって はしって 積み上げてゆく

まだまだオアシスより砂漠を行く
心の渇きが導く世界へ
僕らの力が時代をシフトする
風を切る時は砂を飲み干して
夜明けに錆びる群星を飛び立つ
一つの光それになれ

文字:
   
位置:
 



レミオロメンの人気歌詞

同名の曲が1曲収録されています。

シフト(AMEMIYA)

シフトの収録CD,楽譜,DVD

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法 利用規約 J-Lyric.net について

Copyright © 2006-2017 J-Lyric.net