レミオロメン 青春の光 歌詞

レミオロメンの「青春の光」歌詞ページ。
「青春の光」は、作詞:藤巻亮太、作曲:藤巻亮太。

青春の光

歌:レミオロメン 作詞:藤巻亮太 作曲:藤巻亮太

ギラギラと都会の喧噪 歩くと
砂漠のよう 水が欲しくなる
さっきまで忘れたのに君が恋しくなったりして
慣れ合った暮らしの解釈も都合良くなって

ここは何処で 俺は誰だ
何が見えて何が見えない
忘れたのかい 忘れたふりして
夏の太陽に汗を奪われて
青春の光よ 今こそ輝け

ゆらゆらと蜃気楼の社会 歩くと
正しさの方角も滲む
理論武装しても心なしじゃ決めきれない
捻り出した答えで未来の輝きはあるか

夢はどこで輝いてる
叶える旅は誰のものだよ
見えないのかい 見えない振りして
夏の太陽に肌を焦がされて
青春の光が消えそうに揺れてる

風の中をどこまで行く
何が見えて何が見えない
忘れたのかい 忘れたふりして
夏の太陽に汗を奪われて
青春の光よ 今こそ輝け

文字サイズ: 文字位置:

歌詞検索

曲名:
歌手名:
歌詞:

このページをブックマークする

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、 著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法利用規約歌詞検索J-Lyric.net について
Copyright © 2006-2013 J-Lyric.net