二葉百合子 残桜抄(ざんかしょう) 歌詞

二葉百合子の「残桜抄(ざんかしょう)」歌詞ページ。
「残桜抄(ざんかしょう)」は、作詞:荒木とよひさ、作曲:弦哲也。

残桜抄(ざんかしょう)

歌:二葉百合子 作詞:荒木とよひさ 作曲:弦哲也

風誘う花よりも なを我はまた
春の名残をいかにとやせん
せめてひと太刀
いまひと太刀の
胸に無念の 早や桜
残す家臣の 忠義まで
散らす 我が身の愚かさよ

(セリフ)あ…いま少しの辛抱があれば…
そち達の苦労に報いることも出来たのに
許してくれい…許してくれい…
武士としての意地だった
…せめて一言内蔵助(くらのすけ)に 内蔵助に
いま一度 赤穂の桜が見たかった…と想いは馳せる

赤穂の城の幾春咲けし 庭桜(にわざくら)
心静かに 腹切れど
誰ぞ 放つか 鷹の羽を
散るも桜か 残すも桜
命ひとひら 風に舞う
武士の作法の 白袴(しらばかま)
その名 汚がせぬ 一文字

文字サイズ: 文字位置:

歌詞検索

曲名:
歌手名:
歌詞:

このページをブックマークする

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、 著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法利用規約歌詞検索J-Lyric.net について
Copyright © 2006-2013 J-Lyric.net