二葉百合子 お夏清十郎 歌詞

二葉百合子の「お夏清十郎」歌詞ページ。
「お夏清十郎」は、作詞:佐藤惣之助、作曲:大村能章。

お夏清十郎

歌:二葉百合子

作詞:佐藤惣之助

作曲:大村能章

可愛いお夏を 小舟にのせて
花の清十郎に 漕がせたや
春は夜明けの ソレ こがれ潮

(セリフ)お夏
「初の契りは尾上の桜。薄
紅のぼんぼりが瞬たきはじめた小袖幕
の蔭であった。忘れはせぬ。未来までも
と誓った仲……なのに………清十郎の
姿は見えぬ………どこへいった。逢いた
い。あ………逢いたい………」

向う通るは 清十郎じゃないか
笠がよう似た 菅笠が
何故に恋しい ソレ 顔かくす

(セリフ)お夏
「ああ違う、清十郎ではな
い。何じゃと? 百両の金を奪った科(とが)に
より、清十郎は仕置きを受けたと?嘘
じゃ。清十郎は奪(と)りはせぬ。奪らぬ者が
仕置とは…」

清十郎殺さば お夏も殺せ
生きて思いを さしょよりも
なまじ情けが ソレ 仇となる

(セリフ)お夏
「アハハハ、誰も知らぬのじ
ゃ。清十郎は死にはせぬ。ここにいる。
いつまでも、わしの胸の中にいるのじゃ。
アハハ、アハハハ、アハハハ……………」

文字サイズ: 文字位置:

歌詞検索

曲名:
歌手名:
歌詞:

歌詞の検索方法利用規約歌詞検索J-Lyric.net について
Copyright © J-Lyric.net